運営要綱

第1章【評議員会】

第1条

  1. 評議員会を招集するときは、開催日の2週間前に議題を各評議員に通告しなければならない。
  2. 評議員会議長が緊急の必要があると認めて、臨時に招集するときはこの限りではない。学生役員は、評議員会に出席して意見を述べることができる。

第2章【監督会議】

第2条

  1. 規約第38条に規定された監督会議は、年2回、前期および後期開催のリーグ戦前に理事長が招集する。
  2. 理事長が必要と認めたとき、または、加盟チームの監督の3分の1以上が会議開催の理由を示して請求したときは、理事長は臨時に監督会議を招集しなければならない。

第3条

監督会議は、理事会で決定した下の事項の確認および検討を行う。

  1. 春季および秋季開催の公式戦大会要項
  2. 試合運営に関する共通理解事項

第4条

監督会議の議長は、その都度監督会議にて互選とし、監督会議出席より決定する。

第5条

  1. 監督会議は、加盟チームの監督の半数以上が出席しなければ開会することができない。
  2. 監督会議に出席できない監督は、代理(登録されているコーチまたは主将)を立てなければならない。
  3. 監督会議に出席しない加盟大学は、以降の東京都大学サッカー連盟リーグ戦は不戦敗の扱いとすると共に、処分されることがある。

第6条

  1. 監督会議の議事は、出席者の過半数の同意をもって決定する。
  2. 可否同数のときは、議長がこれを決める。

第7条

監督会議を招集するときは、開催日の2週間前までに加盟チーム各監督に通知しなければならない。

第8条

理事および学生役員は、監督会議に出席して意見を述べることができる。

第3章【理事会】

第9条

規約第35条に規定された理事会の業務分掌は、次の通りとして、これを処理する。

  1. 総務委員会総務に関する業務を処理する。
  2. 競技委員会競技に関する業務を処理する。
  3. 審判委員会審判に関する業務を処理する。
  4. 財務委員会経理に関する業務を処理する。
  5. 記録委員会記録に関する業務を処理する。
  6. 広報委員会広報に関する業務を処理する。
  7. 技術委員会技術に関する業務を処理する。
  8. 研修委員会研修に関する業務を処理する。

第10条

  1. 理事会の議長は、理事長があたる。
  2. 理事長に事故があったときは、副理事長を代理とする。

第11条

  1. 理事会を招集するときは、開催日の2週間前に議題を各理事に通知しなければならない。
  2. 理事長が緊急の必要があると認めて招集するときは、この限りではない。

第12条

学生役員は、理事会に出席して意見を述べることができる。

第4章【幹事会】

第13条

規約第35条に規定された委員会に属する業務分掌は、次の通りとして、これを処理する。

  1. 総務委員会総務に関する業務を処理する。
  2. 競技委員会競技に関する業務を処理する。
  3. 審判委員会審判に関する業務を処理する。
  4. 財務委員会経理に関する業務を処理する。
  5. 記録委員会記録に関する業務を処理する。
  6. 広報委員会広報に関する業務を処理する。
  7. 技術委員会技術に関する業務を処理する。
  8. 研修委員会研修に関する業務を処理する。

第14条

規約28条に規定された幹事は、予め代理者を指名登録し、幹事に事故があるときは、指名登録済代理者が幹事の業務を代行することができる。

第15条

学生役員および幹事が職務を遂行しない場合、その所属するチームに対して理事会より処分を決定する。

第5章【公式戦】

第16条

規約第5条に制定された公式戦に関する事項は別に定める。

  • 昭和43年9月9日制定
  • 平成2年8月21日改定
  • 平成5年4月27日改定
  • 平成20年7月24日改定
  • 平成25年8月30日改定
  • 平成31年3月16日改定